ブログトップ

wang-cheng.net

erhu11.exblog.jp

中国楽器二胡の旅

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

やっぱり難しい・・・・(。_。)テストを明後日に控えた練習づくしの今日この頃、深く習うたびに思います。二胡は難しいと。レコーディングして聞く自分の音と先生の音の違いに、いつもガックシのwang-cheng。道は・・・長い。。。。。(--:
f0027125_1948401.jpg

[PR]
by erhu11 | 2009-06-30 19:49
f0027125_20172140.jpg6月も中旬を過ぎました、みなさんお元気でしょうか?日本はもう梅雨明けしたのかな?さてさて近頃の私はといいますと、testの準備にそろそろ本腰をいれなくてはならない時期になってきました(--:今学期はなぜか2曲を必須とのことで「タシクルカンの陽光」とそして「长城随想第4楽章」(万里の長城幻想曲第4楽章)です。タシクルカンの陽光は二胡に詳しい方はご存知の方の多いかと思うのですが、何を表現している曲なのか、知っている方はそう多くないのでは?^^
この曲は1976年に改革後に作曲された曲で、中国の一番端にあるタシクルカン地区にも光が差し込んできたというもの。タシクルカンに住む少数民族は歌に踊りに堪能の民族で、改革開放の喜びを彼らの歌と踊りとともに表現している曲なのです。もともとはヴァイオリンの曲であるゆえに、テクニック面では難しい他、トンブラという哈萨克族という少数民族の伝統楽器を模倣した音色の部分も特徴のひとつの曲です。
长城随想は中国のシンボル万里の長城の雄大さ及び中国の人々の気質を表現した曲で・・・・弾いてる方はかなり体力を消耗します、はい、弾き終わる頃にはヘトヘトになっていることが多々^^;いつかコンサートで披露できればと思ってます。fightです(^O^)/
f0027125_2018167.jpg

f0027125_20193312.jpg

[PR]
by erhu11 | 2009-06-18 20:19